雑誌で連載中のコラムをブログ用に編集したWishボーカルスクール&Wishミュージックスクール代表の音楽コラムブログ


by LIFE with MUSIC

プロフィールを見る

最新の記事

生徒数1,000人突破!
at 2016-11-01 00:00
「SONG'S NAGOYA..
at 2016-07-01 00:00
オーディションの目的と意味
at 2016-06-01 00:00
Wish半田サテライト校OP..
at 2016-05-01 00:00
ゼップ名古屋ダブルワンマン公..
at 2016-03-01 00:00
ボイストレーニングの本当の目..
at 2016-02-01 00:00
スクールの成長と2016年
at 2016-01-01 00:00
新時代の音楽ツール(続編)
at 2015-12-01 00:00
Wish合同発表会2015
at 2015-11-01 00:00
グランプリ
at 2015-09-01 00:00
ある音楽少年の物語
at 2015-07-01 00:00
新時代の音楽ツール(後編)
at 2015-06-01 00:00
新時代の音楽ツール(前編)
at 2015-05-01 00:00
音楽の価値
at 2015-04-01 00:00
効率化できないモノたち。
at 2015-03-01 00:00
ギター女子ブーム到来??
at 2015-02-01 00:00
Wishイメージアーティスト紹介
at 2015-01-01 00:00
終わらない会議
at 2014-12-01 00:00
INPUTとOUTPUT
at 2014-11-01 00:00
未完成のパズル
at 2014-10-01 00:00

以前の記事

2016年 11月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
more...

お気に入りブログ

Wish スクール日記

人気ジャンル

終わらない会議

先日Wishの講師ミーティングが行われました。
講師ミーティングはWish全校の講師がほぼ一同に集い、半年に1回のペースで定期的に開催される、いわゆる全体会議みたいなものです。

講師同士の自己紹介や、各校マネージャーからの報告と連絡事項、スクールの改善ディスカッション、講義や新しい機材の使用方法からレクチャーまで、盛りだくさんな内容で行われます。
特にスクール改善ディスカッションでは、どうしたらもっとスクールが良くなるか?もっと良いレッスンができるか?をみんなで話し合います。

普通の会社の会議のイメージだと、参加者はおそらく心の中で「早く終わらないかなあ」とか、「できれば発言はしたくないなー」とか、主催者以外はそんな感じじゃないでしょうか?(実際、私はそういう会社の会議に何度も参加したことがあります)

でもWishの会議は違います。
講師とスタッフが「もっとこうした方が良くなるんじゃないか?」とか、「こういうシステムにしてくれた方が良いレッスンができるのですが、何とかなりませんか?」とか、「こういうケースの場合、皆さんどういうレッスンをしていますか?」とか、みんながガンガン発言をしてくれます。
そして毎回必ず時間がオーバーします(笑)。
しかもこの会議は、時給や出勤手当ては一切発生していないにも関わらず、です。

最後は主催者の私が「すいません、延長時間もそろそろ1時間を超えてしまいましたので、これで終了とさせていただいてもよろしいでしょうか?」と講師の皆さんにお伺いを立てる始末。

これを有意義な会議って言うんだろうなあ。
本来、会社の会議って絶対こうあるべき。

(雑誌 REVERSIBLE 2014年12月号掲載)

d0238283_0442817.jpg

by wish-producer | 2014-12-01 00:00