雑誌で連載中のコラムをブログ用に編集したWishボーカルスクール&Wishミュージックスクール代表の音楽コラムブログ


by LIFE with MUSIC

プロフィールを見る

最新の記事

生徒数1,000人突破!
at 2016-11-01 00:00
「SONG'S NAGOYA..
at 2016-07-01 00:00
オーディションの目的と意味
at 2016-06-01 00:00
Wish半田サテライト校OP..
at 2016-05-01 00:00
ゼップ名古屋ダブルワンマン公..
at 2016-03-01 00:00
ボイストレーニングの本当の目..
at 2016-02-01 00:00
スクールの成長と2016年
at 2016-01-01 00:00
新時代の音楽ツール(続編)
at 2015-12-01 00:00
Wish合同発表会2015
at 2015-11-01 00:00
グランプリ
at 2015-09-01 00:00
ある音楽少年の物語
at 2015-07-01 00:00
新時代の音楽ツール(後編)
at 2015-06-01 00:00
新時代の音楽ツール(前編)
at 2015-05-01 00:00
音楽の価値
at 2015-04-01 00:00
効率化できないモノたち。
at 2015-03-01 00:00
ギター女子ブーム到来??
at 2015-02-01 00:00
Wishイメージアーティスト紹介
at 2015-01-01 00:00
終わらない会議
at 2014-12-01 00:00
INPUTとOUTPUT
at 2014-11-01 00:00
未完成のパズル
at 2014-10-01 00:00

以前の記事

2016年 11月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
more...

お気に入りブログ

Wish スクール日記

人気ジャンル

音楽の価値

Wish開校から今年で7年目となりました。
この6年間、本当にたくさんのいろいろな出来事がありましたが、その中でも特に印象に残っているのは、開校して1番最初に入校してくれた「Wishスクール第1号生」の生徒さんのことです。

この生徒さんはレッスンで自分の曲を作っていて、その話は担当講師からもよく聞いていました。
そして入校から数年たったある日、その生徒さんが今までレッスンで作った曲をまとめた初めてのアルバム(CD-Rの自主音源)を作ったとのことで、私も1枚ありがたく頂きました。

当時の私はグループ会社のレーベルプロデューサー業務と兼任だったこともあり、いかに全国でCDをたくさん売るか?がメインの仕事でした。
その為にクオリティーの高い音源やパッケージを作って、どんなプロモーションをするのか?
予算は?採算ラインは?チャートアクションはどうだった??
そんなことを日々考えている中で、この生徒さんから頂いた自主制作の音源に、とても感動したのを覚えています。

この音源を作るのにどれだけの年月を費やしたんだろう?
この1曲1曲や、この手書きの歌詞カードには一体どれだけの気持ちが込められているのだろう?
そんなたくさんの想いが溢れているそのCDは、本当にキラキラと輝いて見えました。

いま自分がレーベルで作っている何万枚、何千枚単位の全国流通のCDと、1枚1枚手作りで丁寧に作られたこのCDと、一体どちらに価値があるのだろう?と本気で考えたりもしました。

そしてこのことがきっかけの1つになって、その後の私はレーベル業務からスクール業務へと傾倒していくことになります。

それは、どちらが正しいとか、どちらが素晴らしいとか、そういう比較ではなくて。
いろんなカタチの音楽があっていい、そう思えたからです。

この気持ちは今でも自分の大きな指針になっています。
そしてこのWish開校第1号生の生徒さんは、開校7年目の今も変わらずにWishに通ってくれています。

(雑誌 REVERSIBLE 2015年4月号掲載)

d0238283_121618.jpg

by wish-producer | 2015-04-01 00:00