雑誌で連載中のコラムをブログ用に編集したWishボーカルスクール&Wishミュージックスクール代表の音楽コラムブログ


by LIFE with MUSIC

プロフィールを見る

最新の記事

生徒数1,000人突破!
at 2016-11-01 00:00
「SONG'S NAGOYA..
at 2016-07-01 00:00
オーディションの目的と意味
at 2016-06-01 00:00
Wish半田サテライト校OP..
at 2016-05-01 00:00
ゼップ名古屋ダブルワンマン公..
at 2016-03-01 00:00
ボイストレーニングの本当の目..
at 2016-02-01 00:00
スクールの成長と2016年
at 2016-01-01 00:00
新時代の音楽ツール(続編)
at 2015-12-01 00:00
Wish合同発表会2015
at 2015-11-01 00:00
グランプリ
at 2015-09-01 00:00
ある音楽少年の物語
at 2015-07-01 00:00
新時代の音楽ツール(後編)
at 2015-06-01 00:00
新時代の音楽ツール(前編)
at 2015-05-01 00:00
音楽の価値
at 2015-04-01 00:00
効率化できないモノたち。
at 2015-03-01 00:00
ギター女子ブーム到来??
at 2015-02-01 00:00
Wishイメージアーティスト紹介
at 2015-01-01 00:00
終わらない会議
at 2014-12-01 00:00
INPUTとOUTPUT
at 2014-11-01 00:00
未完成のパズル
at 2014-10-01 00:00

以前の記事

2016年 11月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
more...

フォロー中のブログ

Wish スクール日記

その他のジャンル

グランプリ

最近、Wishのスクール生が様々なコンテストやオーディションで結果を出しているという報告を受け、その度にとても嬉しい気持ちになります。

Wishではメジャー系レーベルの「校内オーディション」も定期的に実施していますが、校外で開催しているコンテストやオーディションにも積極的に参加を呼び掛けています。

先日僕も、あるスクール生が参加する音楽コンテストを観に行く機会がありました。
僕が観た中で最高だと思えるパフォーマンスをしたその子の結果は、グランプリではなくオーディエンス賞。

当たり前ですが、グランプリというのは審査員が決める賞です。
オーディエンス賞と言うのは、その名の通りオーディエンス(観客)が投票によって決める賞です。

コンテスト終了後、残念ながらグランプリを逃したその子は「とても悔しい」と言っていました。
むしろステージ上で行われた授賞式の時も、何とも言えない残念そうな表情をしていました。

でも僕はそうは思いません。

音楽活動をしているアーティストにとっての最高の賞は、観客が決めるオーディエンス賞だと思っているからです。

なぜなら実際にアーティストのライブに来てくれたり、CDを購入したりしてくれるのは観客の皆様です。
いくらプロの審査員の評価が高くても、一般のリスナーに響かなかったら意味がありません。

もちろん会場や観客数の規模にもよりますが、この日で言えば、2人の審査員が一番良かったと思ったのがグランプリなら、100人以上の観客が決めたグランプリはオーディエンス賞だということです。

音楽に優劣はない。
その人にとって一番良かったのは誰だったのか。

僕のグランプリは間違いなくキミでした。

(雑誌 REVERSIBLE 2015年9月号掲載)

d0238283_224551100.jpg

by wish-producer | 2015-09-01 00:00